ビジネス英語:ワンポイントアドバイス|ライティング

 繰り返しをさけよう : avoiding repetition

文の中に同じ単語(言葉)、同じ表現が何度もでてくる文は、読み手にとって読みづらい文であるばかりでなく、書き手の英文ライティング能力を疑われることにもなります。 手の届くところに “Thesaurus = 文類語辞典” を置き、同意語を調べ、繰り返しを回避しましょう。

例えば、「~は重要です。」 という表現で、「It is important ~」 と “important ” という単語を使うことが多いと思いますが、この単語の変わりに置き換えることが可能な単語には、 文類語辞典を調べますと、vitalcrucialessentialindispensablebasicfundamental 等があげられています。

ビジネスレターによく出てくる “confirm = 確認する、承認する” を、別の単語で表現する場合は、 acceptapprovepassendorseverifycheck 等が、可能です。

ふだん何気なく使っている単語を文類語辞典で調べることにより、さらに格調高い文にすることができます。 そして、vocabulary (語彙) を増やすこともできます。

ワンポイントアドバイストップへ

 ライティング

 気になる本

日本語から引ける英語類語使い分け辞典
もっとも注意を要する英語類語の微妙なニュアンスの違いを、実例で解説

スマートフォンサイトへ