ビジネス英語:ワンポイントアドバイス|ライティング

 否定的な印象 : not

ビジネスレターで not” を多用しますと、内容に関わらず、 手紙を受け取った人は否定的な印象を持ちます。できる限り、別の表現に 置き換え、あなたの印象を良くすることが重要です。

例えば、
 It is not important for us to discuss the issue.
  (その件を話し合うことは、重要ではありません)
と、否定的に書くのではなく、
 The issue is a minor topic. (たいした件ではありません)
と、書くことにより直接的な否定を避けることができます。

not” を使った表現に同義語があるかないか、 英英辞典・文類語辞典で調べ、手紙の中の “not” を無くすことも有効です。 例えば、次のように置き換えることが可能です。

  • cannot be accepted (受け入れることはできない) = unacceptable
  • not remember (思い出せない) = forget
  • not easy (やさしくない) = difficult
  • not permitted (許されていない) = unauthorized

ワンポイントアドバイストップへ

 ライティング

 気になる本

場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本 (CD book)
会社で英語を使う機会が増え、これから英会話をはじめようと考えているビズネス・パーソンにぴったりの本。

スマートフォンサイトへ