ビジネス英語:ビジネスレター|書き方

 コピー送付先 : cc

英語のビジネスレターで、そのコピーを誰かに送付する場合、手紙の一番下(送信者のサインの下)に、左インデント(左寄せ)で、小文字で「cc」 と打ち込み、コピー送付先の名前を書きます。

電子メール(eメール)の場合は、「宛先 (To)」の欄の下にある、「CC」 の欄に、コピーを送付したい方のメールアドレスを打ち込み、送信します。

この「CC」とは、“carbon copy” の略語で、 「この手紙、又は、電子メール(eメール)のコピーは、次の人にも送付されています」ということを、宛先の方にお知らせする為に使います。

コピー機がなかった時代は、複写を作る場合に、カーボン紙を二枚の紙の間に挟んで、上の紙に書いた文字を下の紙に写すことが行われており、その名残で、 “carbon copy” という言葉が現在も使われています。

電子メール(eメール)では、宛先の方に、メールのコピーを送付した相手を知らせたくない場合は、「CC」 の下にある 「BCCblind carbon copy)」 という欄に、その人のメールアドレスを打ち込み、送信します。この場合、メールを受け取った宛先の方は、 送信者がメールのコピーを誰に送ったかは、わかりません。

ビジネスレタートップへ

 ビジネスレター書き方

 気になる本

英文ビジネスライティング大全 レター、Eメール、見積書、督促状から履歴書まで
ビジネスライティングの第一人者による、世界中で累計45万部突破のベストセラー「Model Business Letters, Emails and Other Business Documents 7th Edition」の邦訳版

スマートフォンサイトへ