ビジネス用語 : ファイナンス|決算

 減価償却 = depreciation

減価償却depreciation)” は、決算報告書の中の損益計算書内に計上されているもので、 取得した固定資産fixed assets)の費用を、 その耐用年数内で分配し、処理する手続きです。

代表的な分配方法には、定額法straight-line method)と、 定率法declining-balance method)があります。 定額法では、毎年同額が償却され、定率法では、毎年一定の割合で償却されます。

固定資産の減価償却期間depreciable life) を決めるには、それぞれの国が法律で決めています。 日本では、国税庁が担当していますが、アメリカでは財務省の中にある IRSInternal Revenue Service) という 内国歳入庁 が関わっており、彼らが作成した MACRSModified Accelerated Cost Recovery System) という制度の中で規定されています。

会計上では、減価償却は経費となり、純利益を下げる要因となりますが、 ファイナンスの観点から見ますと、減価償却は noncash charges実際に現金の動きがない費用) と言いわれ、キャッシュフローの中の 営業キャッシュフローを計算する際にプラスされるものです。

ファイナンストップへ

 決算

 気になる本

図解でわかる減価償却 いちばん最初に読む本
難解なしくみも、ヤッカイな経理処理も、図解とわかりやすい解説でやさしく手ほどき!

スマートフォンサイトへ