ビジネス用語 : ファイナンス|決算

  キャッシュフロー = cash flows

キャッシュフローcash flows )とは、 現金の流れのことをいい、企業の現金収支を表します。企業がいくら 現金を持っているかがわかり、その企業の実態を把握することができる数字です。

1999年より、上場企業に義務付けられた決算報告書のひとつである キャッシュフロー(現金収支)報告書statement of cash flows )は、企業の体力を判定できる重要なものです。 損益計算書上では利益が出ていても、その会社が資金繰りの為の十分な現金を手元に持っているかどうかは判りませんが、 キャッシュフローを見ることにより一目瞭然となります。

キャッシュフロー報告書は、営業キャッシュフローoperating cash flows )、 投資キャッシュフローinvestment cash flows )、 財務キャッシュフローfinancial cash flows )から成り立っています。

営業キャッシュフローは、その企業の本業から得た儲けで、この数字がマイナスであることは深刻な事態を示しています。 投資キャッシュフローは、設備投資による収支で、企業が成長しているときはマイナスになることがおおく、また、所有している土地・ 建物の売却、所有している他の会社の株売却によりプラスになります。

財務キャッシュフローは、銀行からの借り入れ・返済、増資や社債発行による収支で、銀行からの借り入れはプラスになります。財務キャッシュフローが 常にプラスの企業は、本業の儲けで資金繰りができないと判断される可能性があります。

ファイナンストップへ

 ファイナンス|決算

 気になる本

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CS)、いわゆる「財務3表」の役割と関連性。

スマートフォンサイトへ