ビジネス用語 : ファイナンス|リスク

  投機 = speculation

最近の原油高、穀物の高騰の原因は投機speculation ) によるものではないかと いう批判が出ています。投機というと、何か悪いことをしている印象がありますが、経済活動上、重要な役割をしている投機もあります。

Economics - Principles and Policy ( William J. Baumol, Alan S. Blinder ) の中で、 投機家speculators) の役割は次のように述べられています。

  • 1. They sell protection from risk to other people.
  • 2. They help to smooth out price fluctuations.

一番目の、「リスクに対する保護を売る」 とは、保険みたいなもので、例えば、輸入業者が輸入した製品の支払いをドル建てで 行う場合、為替相場のリスクを避けるために、支払いをする時に決まった価格でドルを買い取る契約を投機家と行う様なケースです。

二番目の、「価格変動をやわらげる」 とは、豊作で価格が安い穀物等を投機家が買い、その穀物が市場で不足し、価格が高騰した時に 市場に放出することにより、価格の安定に寄与する場合です。

投機 とは、世の中にある “価値があるすべての物” が対象となる経済活動で、投機家 は 対象となる物の価値が変化すると推測してspeculate)、 その物を買い、そして、売って利益をあげます。

投機投資investment) の違いはクリアではありません。 明らかなことは、投機は、得た物を長期間保有することなく、短期で利益を上げようとしますが、 投資は、短期間というよりは、得た物を長期間保有することにより利益を上げることを前提としているという違いがあります。

ファイナンストップへ

 リスク

 気になる本

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア
天才的な投機家ジェシー・リバモアを描いた波瀾万丈の物語。トレーダーの心の動きを的確に捉えた言葉の数々は、上を目指す者にとって大事なことを学べる教訓の宝庫である。全く知らない人もプロも相場がわかる本。

スマートフォンサイトへ