英語学習法

 TOEIC学習法 その1

ディクテーションで、コミュニケーション能力アップ

2016年5月から実施されるTOEICで、最も重視されているのは、受験者のコミュニケーション能力を判定することです。 具体的な変更点は、TOEICの公式サイトによりますと、「3名で会話する設問があり、その会話の内容を理解し、与えられた図等に基づき回答する」ということです。

話し手が言っていることを聞き取れなければ、コミュニケーションは、不可能です。「複数の人たちの会話を聞き、内容を理解し、回答する」のに最も適した学習方法は、身近なものでは、映画を観ることです。同じ映画を繰り返し見て、 聞き取った会話をノートに書きとることディクテーションdictation)が最良の方法です。

最初のうちは、聞き取れた単語のみ書き取り、根気よく繰り返すことにより、会話全体を理解できるようになります。ディクテーションにより、リスニング力は確実に改善され、コミュニケーション能力がアップします。 使用する映画DVDは、字幕が英語と日本語の両方が付いているもので、スクリプトが出版されていれば、聞き取った会話のチェックになお便利です。

英語学習法トップへ

スマートフォンサイトへ