ビジネス用語 : マーケティング

 CI = corporate identity

corporate identity (コーポレート・アイデンティティ)” を直訳しますと、「企業の身元、または、企業の正体」となります。 マーケティングで、“CI”といいますと、企業が、自分の特徴、性格、他とは違う点などをはっきりと示し、 顧客に分かってもらうための様々な活動・手段のことをいい、具体的には、次のようなものが含まれます。

  • 会社の名前
  • 会社の理念
  • 会社のトレードマーク
  • 会社のロゴ
  • 製品のブランド名

現在、経営再建を行っている日本航空が、鶴をモチーフにした赤いロゴ「鶴丸」を復活すると最近発表されましたが、 これも CI 活動の一環で、かつて「鶴丸」が持っていた安全・信頼の企業イメージを復活させようという願いが込められていると思います。

CI 活動を行っているのは、企業だけではありません、公共性のある大学でも行います。最近の例では、東京の名門私立大学武蔵工業大学名前を “東京都市大学” と変更し物議をかもし出しました。総合大学へと生まれ変わり、生き残るための手段として行った意気込みが伝わってきます。

マーケティングトップへ

 定義

 気になる本

コーポレート・アイデンティティ戦略―デザインが企業経営を変える
形だけのデザイン変更ではない、本当のCIとは何か!? 変革の時代の企業の在り方を見出す指針がここに。 たったひとつのロゴからも経営とデザインの新しい関係が見えてくる。

スマートフォンサイトへ