話と英会話:映画で英会話|商談

 私だったら : if I were you

抜粋会話

  • Miss Parker, if I were you I'd go to your office and take a long last look around.

テスの上司キャサリン・パーカーがテスのアイデアを盗んだことを知った取引会社社長トラスクが、 「私だったら、 事務所に戻って、じっくりと最後の別れをするね」 とキャサリンに話しています。

if I were you ” は、 「if + were」 という仮定法の表現の一つで、直訳した場合は “もし、私があなただったら ” という仮定の条件を表す場合に使われる典型的な言い方です。

現実では違うが、もし~だったら、~だろう ”という様々な表現に使え、
「if + 主語 + 動詞の過去形」 の後に「主語 + would / could / might + 動詞の原形」 が続き、文法では、 仮定法過去と言われています。例えば、次のような言い方があります。

  • If I were you I would refuse the offer. (私だったら、その申し出は断るよ)
  • If he were here he would help us. (彼がここにいれば、私たちを助けるだろう)
  • If I had plenty of money I could buy a sports car.
      (お金がたくさんあったら、スポーツカーを変えるのに)
  • If she worked hard she might become a sales manager.
      (彼女が一生懸命仕事をしたら、セールスマネージャーになるかもしれない)

映画で英会話トップへ

 ビジネス英語

 時事英語

 ビジネス用語

 話と英会話

 気になる本

ボトムアップ式 映画英語のリスニング 新装版―NewYork Detective Story (CD BOOK)
大学の授業で効果が実証された革新的方法で音変化を徹底的にマスター。字幕なしで映画を楽しみたいと思っている人に最適の教材。

スマートフォンサイトへ