話と英会話:映画で英会話|商談

 ~の友達 : a friend of ~

抜粋会話

  • It's so nice to see you again.
  • ....
  • You must be friends of Mark's.
  • Right.

トラスクの娘の結婚式で、テスとジャックがトラスクと彼の妻に挨拶をしているシーンで、 「また会えてうれしいです」 と、テスがトラスクに話しかけ、トラスクの妻が「あなた方は、マークの友達ですね」 と、言っています。

この例で、“friends” と複数形になっているのは、テスとジャックの二人を指しているからで、一人を指すときは、 “a friend of Mark's” となります。

「私の友達」 という場合、“my friend” か、 “a friend of mine” のどちらが正しいのか、悩む人がいますが、 どちらの表現も使えます。話す状況によって、使い分ければいいと思います。

例えば、初めてその人を話題に出すときは、下記のように “a friend of mine” を使うのが普通です。

  • Do you know Mr. Tanaka? (田中さんを知っていますか)
  • Yes. He is a friend of mine. (はい。彼は、私の友達です)

映画で英会話トップへ

 ビジネス英語

 時事英語

 ビジネス用語

 話と英会話

 気になる本

ボトムアップ式 映画英語のリスニング 新装版―NewYork Detective Story (CD BOOK)
大学の授業で効果が実証された革新的方法で音変化を徹底的にマスター。字幕なしで映画を楽しみたいと思っている人に最適の教材。

スマートフォンサイトへ