話と英会話:映画で英会話|商談

 仮定 : ifs

抜粋会話

  • Ambrister looks at Metro as if it were part of his family. He cares who he's selling to,
  • Yes. And he holds the majority of the stock. .....
  • A lot of ifs. We really don't want to get involved.

テスとジャックがトラスクの事務所を訪れ、メトロラジオネットワーク買収を提案するシーン。応対しているトラスク社員が買収合戦に 巻き込まれたくないと言ったことに対して、テスが、「アームブリスター氏は、メトロをまるで彼の家族の一員の様に見ています。彼は、誰に、 メトロが売られるか、気にしています」と話し、ジャックが、「彼は、大株主です。・・・」と付け加えています。トラスクの社員が、 「仮定ばかり。我々は、本当に関わりたくないんだ」と答えています。

ifs” は、名詞 “if” の複数形で、意味は、「仮定」、「条件」、「不確実なこと」。 “no ifs, and, or buts” というイディオムがあり、意味は、「へりくつはだめ」、「言い訳はだめ」という意味です。

  • There are a lot of ifs in your plan.(あなたのプランは、仮定ばっかりだ)
  • No ifs, and, or buts. Do your homework.(言い訳はだめ。宿題をやって)

映画で英会話トップへ

 ビジネス英語

 時事英語

 ビジネス用語

 話と英会話

 気になる本

英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきたいネイティブ発想
「英会話ができるようになる考え方」を身につけることを主な目的とした英会話入門書!

スマートフォンサイトへ