話と英会話:映画で英会話|電話・アポイントメント

 待っている : expecting

抜粋会話

  • I, as a matter of fact, am gonna see Trask himself tomorrow. ・・・
  • All right. Where are we meeting him? What time?
  • He's not expecting both of us.

主人公テスが相棒のジャックに、「明日、トラスク本人に会うつもりよ・・・」 と話した後、ジャックが 「どこで、何時」 と聞いたところ、 テスが、「彼は私たちを待ってはいないわ」 と答えています。

「待っている」 と言われた時、すぐ頭に浮かぶ単語は “wait ” ですが、“wait” は、「約束の時間に、約束の場所で待っている」 という 意味合いが強く、一方、“expect ” は、 「(きっとやって来る、だから、) 待っている」 という確信みたいな ものが含まれています。

例えば、あなたの上司から、事前に訪問者の名前を聞いている場合、その人が会社にやって来た時は、 “He is expecting you.”と、答えたほうが、 “He is waiting for you.”と答えるより、訪問者に対して好意的な表現となります。「あなたを心待ちしています。」 という感じが、 訪問者に伝わります。

映画の会話は、“He's not expecting both of us.” と否定していますので、彼は、私たちが会いに来ることを全く予期していないし、望んでもいない ということを意味しています。

映画で英会話トップへ

 ビジネス英語

 時事英語

 ビジネス用語

 話と英会話

 気になる本

映画の英語がわかる本 (小学館文庫)
字幕なしで映画が観れたらという夢をこの1冊で実現!

スマートフォンサイトへ