ビジネス英語:ビジネスレター|例文

 お断り : refusal

依頼されたことを “お断り” する場合、下記のような書き方があります。

  • a. We are sorry that we cannot send you a new brochure.
  • b. We regret to inform you that we cannot send you a new brochure.
  • c. I am afraid that I cannot send you a new brochure.

意味は、「残念ながら、新しいパンフレットは送ることはできません。」となります。

文a と文b は、主語が “We” ですから、会社としてお断りする場合の例文で、 文c は、主語が “I” ですから、個人的に頼まれた事をお断りする場合の少し柔らかい表現です。

お断りする場合は、必ず、理由と対処を書くことがビジネス文書の鉄則ですから忘れないでください。 例えば、「在庫切れで送れません。月末に送ります。」 というように書く場合は、次の様になります。

  • We are sorry that we cannot send you a new brochure.
  • Unfortunately, the new brochure you requested has been out of stock.
  • We will send it to you at the end of the month.

ビジネスレタートップへ

 ビジネスレター例文

 気になる本

世界一わかりやすい英文法の授業
英文法を「わかりやすい」のはもちろん、「面白さ」と「知的感動」にこだわって解説。語法や熟語などを徹底的に解説。

スマートフォンサイトへ